ぶどうの年間作業

1月

剪定 植え付け

木の活動が休眠期の1月~2月が適期です。
地域によると思いますが葉が落ち枝が見やすい時期でもあります。
夏の間に長く伸びた枝をきり詰めます。
木の実力以上に伸ばして茂らせれば、病害虫に弱くなるし、美味しい実もつかない。

植え付けも地域によりますが12月~2月ぐらいが最適です。

3月~4月

芽欠き(めかき)

新芽が出てくる春になったら、ぶどうの芽かきを行います。
3月中旬から4月にかけて、気温が10℃を超えてくるとブドウの新芽が出てくる、「萌芽」の時期を迎えます。

萌芽が始まると「芽かき」と呼ばれる、余分な芽を取る作業が行われます。

そして脇枝も伸びるのでさらに「誘引」や「摘心」も必要です。

新梢管理も始まります。

5月

新梢管理 誘引(ゆういん)

ぶどうはつる性なので、どんどん枝やつるが伸びてきます。
それを、園芸用針金などを使い誘引してあげます。
次々出てくるツルや副梢も伸びるごとに取り除きます。
それをほっとくと、養分が果実に行かずに大きくなりません。
この作業は収穫するまでひたすら間隔を空けて行います。

5月中旬

ジベレリン処理ぐらいの時期ですが処理せず傘、袋かけも行いませんでした。
ピッテロ・ビアンコ(レディー・フィンガー)は種が少ないかと思いますし、屋根が有り、
雨の当たらない条件で育てています。

6月~7月

摘粒(てきりゅう)
摘粒(粒抜き、間引き)は6月中旬から7月上旬にかけて行います。

枝や葉が勢いよく伸びてきたら、先端の伸びを切って抑える「摘心」をします。
「摘心」をする事で、脇芽の成長を促し頑丈な枝になり、実も大きく育ちます。

新梢管理も続けて行います。

9月~10月

収穫

肥料

 

スポンサーリンク
ぶどうの肥料

ピッテロ・ビアンコ(レディー・フィンガー)の家庭栽培

ピッテロ・ビアンコ(レディー・フィンガー)の家庭栽培をぶどう栽培の初心者が 収穫するまでの育て方を基本から見直し修正しながら収穫成功を目指します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました