ぶどうの肥料

基本10月下旬~11月上旬頃のお礼肥を与えます。

追肥は実がなり始めた5月頃に与えますが

これは樹勢を見ながら判断し与えます。

有機肥料だけを与えます。

ボカシ肥料を使っている所も多いようです。

家庭での果樹栽培は、有機質肥料が最適です。

特徴として濃度障害が起きにくく、肥料切れが出にくい

これは初心者でも失敗する事が無い様にする事が目的です。

化学肥料は最小限度に抑えて、できるだけ堆肥などの有機物にした方が良いと思われます。

化成肥料を与える場合!

肥料効果も早く、便利ですが、適合する環境づくりをする事は難しいと思われます。

化成肥料(チッ素N‐リン酸P‐カリK=8‐8‐8など)などを必要に応じて与えます。

化学肥料の場合、根の先端から肥料成分を吸収するので幹に近い所は避け、樹木を中心として輪を描くように穴を掘り埋めて与えます。

均等に幅を設けて穴を掘って肥料を埋めるのも効果的で深さ10cmぐらいで施肥すると効果的です。

ただ、穴の場所や化学肥料の量に注意が必要です。

ぶどう生産者でも肥料の質や量の判断には経験が必要とされます。

【鉢植え】

3月下旬〜10月の生育期間中は、月に1度を目安に緩効性化成肥料を施します。
木の状態を見て、勢いがないようであれば、速効性の液体肥料を水やり代わりに与えて様子を見ましょう。

スポンサーリンク
ぶどうの肥料

ピッテロ・ビアンコ(レディー・フィンガー)の家庭栽培

ピッテロ・ビアンコ(レディー・フィンガー)の家庭栽培をぶどう栽培の初心者が 収穫するまでの育て方を基本から見直し修正しながら収穫成功を目指します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました