Img_787eb51d93eacfa2feea8c828d7b5dff
少し前から、いついつは新月と思っていても近づくと忘れてしまう。
占いを読んでメラメラと熱いものを感じていても、翌週には違うことを考えている。

多分、多くのことを
”基本的にうっかりしている”と
片付けていた。

自分が何を急ぐのか時々わからない。
もうすこし
気になることを全部、
同じ温度で均等に大切にできたらと思う。

そうしてゆっくり考えがこころに落ちてくる時を待ってあげたい。

”待つ”ということ、
もしかしたらどうしようもない、ただそれだけの時間
でもなにか輝くものが隠れているような気がするんだ

それについて、同じことを考えている人がいてとても嬉しくなった。